十数年返済してきた場合には借金自体が消滅することもあります

任意整理とは一般には債務整理というようにも言われており、お金の貸し手への借金の返済を継続することを前もって決めた債務を整理する手だてです。ニコノン

普通の手続きでは、司法書士または弁護士が貸し手と債務者との仲介をして示談し、利息制限法に従って利息の引き直しを行ってもう一度計算しなおした借金の元金に対する利子を減らすことにより36か月程度の時間をめどに返済を目指す借金整理の方法です。ポリピュア

任意での整理は各種裁判所などをはじめ公的機関が口出ししませんのでこれとは異なる方策と比較して、採用した場合のデメリットとなる点が一番小さく手続きも債務者にとってそんなに頭の痛い問題になることはないため、最初に検討しなければならないやり方でもあります。http://xn--9-oiusa9a3132a9ipmscfz4b.com/

または、消費者金融みたいなとても高い利息であるなら、利息制限法で定められている利子を超過して払い込んだ借入金利分は借入金の元金に適用すると判断し借金の元金それ自体を少なくしてしまうことも不可能ではありません。

だから、ヤミ金のようなとても高額な年利のところに長期間返してきた場合だとある程度のお金を減らせる場合もあり、十数年返済してきた場合には借金自体が消滅することもあります。

任意整理の有利な点ですが、破産手続きと違って一部の負債のみをまとめていくことが可能ですので、連帯保証人が付く借金以外だけを手続きをしたい際やクルマのローンを除いて整理をしたい場合等においても申請することが可能ですし、全ての財産を放棄することは求められませんので、貴金属や不動産などの個人資産を所有しているものの、手放したくない状況であっても有力な選択肢になる債務整理の手順になるでしょう。

後々の返済金額と可処分所得を比較検討し、返済の目処が立てられるようならば任意整理の手続きを進めるほうが良いですが、破産手続きと違い返済義務そのものが消えてしまうということではありませんのでお金の量がかなりになるような場合は現実問題として任意整理にての手続きを進めることは困難だということになるでしょう。