しなくてはなりません

破産手続きの際に持っている返済義務にあたり保証人となる人物を立てているときには事前にきちんと相談しておいたほうが無難です。風水 桃花水法

強調しておきますがほかに保証人が存在するときは、自己破産手続きをする前にちょっと考えておかなければなりません。http://simfree-smart.com/

なぜならばあなた自身が破産申告をして受理されると補償する立場の人があなたが作った債務をみな負う必要があるからです。リマーユ シャンプー

なので、破産の前に保証人となる人にそのおかれた現状を報告してお詫びをしなくてはなりません。ラーメン二郎 京成大久保店

そういうことは保証してくれる人の立場で考えると当然必要なことです。カラコン ランキング

あなたが破産の手続きをすることで、支払い義務が生じてしまうのです。レモンもつ鍋

そうすると、そのあとの保証人となる人の選べる選択ルート4つになります。引越し 安い

まずその保証人が「全部払う」というものです。

保証人となる人がその数百万ものカネをいともなく支払うことができるほどのような貯金をたくわえていればそうすることが選択できるでしょう。

そういう場合はむしろ、そのまま自己破産せずに保証人となる人に借金して、自身はあなたの保証人に返すという形も取れるかと思われます。

その保証人が破産を検討している人と良い関係にある場合はいくらかは返金期間を猶予してもらうこともできないこともないかもしれません。

いっぽう合わせて返済不可能だとしても、業者も相談で分割に応じる場合も多いです。

あなたの保証人にも破産申告を行われると貸したお金が一銭も返済されないことが考えられるからです。

もし保証人が債務者のカネを代わりに立て替える経済力がないなら、借金したまた同じように債務の整理を選択することが必要です。

2つめは「任意整理をする」ことです。

この方法を取る場合貸金業者と落としどころをつける方法によってだいたい5年ほどの期日で完済をめざす方法です。

実際に弁護士事務所にお願いするにあたってのかかる費用は1社につきおよそ4万円。

全部で7社から負債がある場合およそ28万円必要です。

当然貸金業者との示談を自分でしてしまうこともできないことはないですが法律や交渉の経験がない方の場合相手側が確実に有利な内容を用意してくるので注意する必要があります。

ただ、任意整理で処理するとしてもあなたの保証人にお金を代わりに払ってもらうわけなので、借金をしたあなたは少しずつでも保証人に支払っていくべきでしょう。

3つめは保証人も借金した人といっしょに「自己破産を申し立てる」ことです。

あなたの保証人も借金した人と同じように破産申告すれば、保証人となる人の債務も消滅します。

ですが、保証人である人がマンション等を所有しているならば該当する資産を没収されてしまいますし証券会社の役員等の職業についているのであるならば影響が出てしまいます。

その場合は、次の個人再生を利用するといいでしょう。

一番最後に4つめの方法は「個人再生という制度を使う」ようにします。

土地建物等を手元に残しつつ負債の整理をしていく場合や破産申し立てでは影響が出る職務に従事している方にメリットのあるのが個人再生です。

この方法なら住居する不動産は残りますし破産宣告の場合のような資格制限がありません。