申し立てれば保証人の義務も消えてしまいます

自己破産をする人であなたの借金にあたり保証人となる人物がいるときにはきちんと連絡をしておくべきでしょう。即日の浮気調査

ここにおいて、改めて言いますが保証人となる人物が存在するときは、自己破産以前に考えるべきです。

みなさんが破産申告をして免責されると補償する立場の人がその返済義務をかぶる義務が生じるからです。

だから、自己破産の前段階で、これまでの経緯とか現状を報告しつつ、謝罪をしておかなくてはなりません。

これらのことはあなたの保証人の立場に立つと求められることです。

友人等のあなたが破産手続きを取ることで、とたんに負債が発生してしまうのです。

そうなるとすれば、それ以降のその保証人の取るべき手順は次に示す4つです。

一つめは、保証人自身が「すべて返金する」という選択肢です。

保証人となる人がいつでも何百万円ものカネをラクに返金できるぐらいの財産をたくわえているならば、これができるでしょう。

ただむしろ、自分で破産せずに保証人に立て替えてもらって、あなた自身は保証人に月々一定額を返済するという形も取れると思われます。

また保証人が債務者と関係が良いのであれば少し完済期間を考慮してもらうこともありえます。

いっぽうで合わせて返金不可能だとしても、相談で分割での返金に応じるかもしれません。

その保証人にも債務整理を実行されると借金が一銭も弁済されないリスクがあるからです。

保証人がその借金をすべて負う経済力がないならあなた自身とまた同じく債務の整理を選ばなければなりません。

続く選択肢は「任意整理をする」ことです。

この方法を取る場合貸方と話し合う方法で3〜5年の期間内で返済していく感じになります。

この問題で弁護士にお願いする際の費用の相場は1社につきだいたい4万円。

もし7社からローンがある場合28万かかることになります。

また債権者との話し合いは自分でしてしまうことも不可能ではないですが法的な経験も知識もない人の場合債権者側が自分たちに有利な案を勧めてくるので注意が必要です。

また、任意整理してもらうとしたとしても保証人である人に債務を払ってもらうことになるわけですから、借金をしたあなたはちょっとずつでも保証人に支払いをしていく義務があります。

次の3つめは保証人である人もあなたと同じく「破産申告する」という選択肢です。

返せなくなった人と同じように破産を申し立てれば保証人の義務も消えてしまいます。

しかし、あなたの保証人がマンション等を持っている場合は財産を没収されてしまいますし、証券会社の役員等の業務に従事しているのであるならば影響があります。

そのような場合は、個人再生による手続きを利用できます。

最後に4つめの選択肢は「個人再生という制度を使う」ようにします。

住宅等の不動産を残したまま負債整理を行う場合や、自己破産手続きでは資格制限に触れるお仕事にたずさわっている場合に選択できるのが個人再生制度による整理です。

個人再生なら、自分の住宅は残せますし破産のような職業制限、資格に影響する制限がありません。