官報で掲載される

破産認定を受けたときどういった失うもの・デメリットが存在するのかは、破産を検討した方にとって確実に最初に必要な説明だと思われます。ジェイウェルドットコム

続けて破産宣告者が避けられない損害に関連するリストを列挙形式にしておこうと思います。はっぴぃタイム

・破産者名簿に載ります。きらりのつくりかた

※公の本人証明を作るための書類ですので普通の人は見ることが不可能ですし、免責の許諾が与えられれば消滅します。ソルースジェル

・官報で掲載される。ソワン

※市販されている新聞とは違いノーマルな書籍店には扱われていないですしほとんどの方には関係のないことであると言えます。コトハコーヒー

・公法における資格限定。Bizoux(ビズー)

※破産認定者になったなら弁護士、会計士、行政書士、税理士といった資格を持つ人は資格喪失になるので事業が不可能になります。あきゅらいず

・私法での資格制限。ミレイズ

※破産者は後見者、保証者、遺言実行人をやることが許されません。資格スクール 大栄

そして、合名企業、合資の企業のワーカーおよび株式の会社、有限の会社の取締担当者、監査役は退任要因とされてしまいます。

・住宅ローンやクレジットカードを利用することができなくなります。

そして、破産管財人がいる場合のときは下記の制限も存在します。

・当人の資産を勝手に維持、売却することが許されなくなります。

・債権保持者委員会の呼び出しにより必要な弁明をする義務があります。

・法の承認がなければ住む場所の移動や長期に渡る外出をすることができなくなります。

・裁判官が緊急であると許可したときには保護されるときもありえます。

・送付品は破産管財を行う者に配達され、破産管財人は郵便を開封可能です。

他にも、自己破産者の不利益の、しばしば間違われている項目を箇条書きにしておきました。

1謄本および住民票では記録されません。

2雇用主は自己破産してしまったことを原因に退職させることは認められません。

※自分から口にしないかぎり雇用主に分かる可能性はないでしょう。

3投票の権利や被選挙権などの権利は止められません。

4連帯保証役でないなら家族に代わりに払う理由はないのです。

5最低限生存に必須な家財道具(PCテレビを入れて)着るものなどは差し押さえ対象外です。

破産した人の損失をリストアップしました。

破産をすることにより負債は無かったことになりますが上記のような困難が存在します。

破産の申し立てを考える上で、利益も不便性真面目に思案した方がよい結果になるでしょう。