www.parisjazzfestival2007.com
特定調停も任意整理による処理とほぼ同じく、貸し手に対しての債務の返済を継続することを前提とした債務を整理する手順のことをいいます。わかりやすくいうならば裁判所が関係する負債整理といえます。この方法も任意整理による処理とほぼ同じく、破産手続きと異なり一部分のお金のみをまとめていくことが可能なため、他に連帯保証人が付く負債以外について処理していく際や住宅ローンを除き検討したい場合等でも検討することができますし築き上げてきた資産を手放してしまう義務がないため、貴金属や土地などの自分名義の資産を所有しているものの、放棄したくない場合にも選択肢になる債務整理の手続きといえるでしょう。今後の返済に必要となる額と可処分所得を比較し、妥当な範囲で返済の計画を立てられるようならば特定調停による手続きを取ることが可能ですが自己破産手続きと違って返済義務がなくなってしまうというわけではありませんので借りている額が多い状況では、実際的にはこの方法での選択をするのは難しいということがいえるでしょう。それから、司法機関が間に入るため専門家にお願いしなくても不利な立場に立たされるようなことはないという点や手続きにおいての諸費用を低くおさえられるという点は注目できますが各債権者からのきびしい催促に本人が応対していく必要がある点とか裁判所に幾度も出頭する手間がかかるといった要素もあります。なお、任意整理による手続きとの比較になりますが、最終的に同意が得られないような時は金利をすべて含めた金額で渡していくことになる点や結果としては貸し手に返済する合計が任意整理より増える傾向があるなどの覚えておきたい点もあります。